日々のアイデアとか妄想置き場

メマリーの肝機能障害。

http://www.info.pmda.go.jp/kaitei/file/20150217frepno1.pdf
https://www.medicallibrary-dsc.info/announce/revision/2015/pdf/1502revi_mem.pdf

で、メマリーは腎排泄よね?
代謝をみてみても肝臓は影響なさそうな雰囲気だからアレルギーですかね。
ということで6ヶ月くらいのモニタリングをする感じで行こうと思います。

実践副作用学

.代 謝
高齢男性にメマンチン塩酸塩20mgを単回経口投与したとき、
投与後72時間以内に未変化体が34.1%、代謝物であるフラノース型
グルクロン酸が結合した抱合体が2.2%尿中に排泄された。
メマンチン塩酸塩は、ヒトチトクロームP450(CYP)分子種を発現
した細胞を用いた検討で、ヒトのP450で代謝されにくいことが
示された。ヒト肝細胞においてCYP1A2、2C9、2E1、3A4及び3A5
を誘導しなかった。臨床用量における血漿中濃度付近( 1μmol/L)
で、ヒト肝ミクロソームにおける各P450活性、エポキシド加水分解
酵素(EH)活性、フラビン含有モノオキシゲナーゼ(FMO)活性、
グルクロン酸転移酵素(UGT)活性及び硫酸転移酵素(SULT)活性
を阻害しなかった。

排 泄(外国人における成績)
健康成人男性に、メマンチン塩酸塩 5 mgを 1 日 3 回経口投与し、
定常状態に到達した13日目の初回投与時に14C- 標識体 5 mgを経口
投与したところ、総放射能の尿中への累積排泄率は投与20日後
までに83.2±11.7%であり、糞中への累積排泄率は 7 日後までに
0.54±0.41%であった。
尿pHの影響1 )
炭酸水素ナトリウムを併用し、尿pHをアルカリ性状態にした場合
には、メマンチンの全身クリアランス(CL/F)は単独投与時と比べ
て大きく低下したとの報告がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です