日々のアイデアとか妄想置き場

牛乳石鹸。よい作品。

みていてしんどい。
在宅患者から、自分の誕生日に呼ばれたり
家族の一大事にかけつけることができなかったり
無数にある選択肢を絶対に外さずにいくことができないし

じぶんの現状と重ねて見てしまう。

「なにがきみのしあわせ、なにをしてよろこぶ」

子供をお風呂にいれながらこの歌を口ずさんでたけど
最近になってしみてくる。

このお父さんは自分のために生きれているだろうか

もやもやがあるけど
洗い流して再ループ。それも良いのかもな。
ただ

「わからないままおわる。そんなのは嫌だ」

このお父さんはいつか何か幸せをつかめるだろうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です